大崎由紀子の陶芸入門➃~キャンドルホルダー手捻り~

こんにちは。白金陶芸教室の大崎です。

今回は、キャンドルホルダーを作ってみる事にしました。

 

先生にイメージを伝え、イメージ図を見せたところ、“手捻り”で作る事をすすめられたため、ろくろではなく、今回は手捻りにチャレンジです。

“手捻り”とは、ろくろを使わず机の上で形を作っていく作業です。tebineri jyunnbi

先ずは土を伸ばす作業から。tutiwonobasu

手である程度伸ばして、その後麺棒で伸ばします。mennbou

今回は3mmの厚さに!

ガーゼの様な薄い布を机にひき、その上で土を伸ばします。3mmの厚さの板を両側に置き、麺棒で伸ばせば誰でも(私でも!)同じ厚さに伸ばす事が出来ます。

この作業はクッキーを作る時と全く同じ作業!土の硬さもまさにクッキー生地と同じくらい!これは馴染みのある作業なので私でも失敗せずにできました。(^^)

 

その後イメージに合う型を選び、型に伸ばした土をくるりと巻いていらない所をカットします。katanimaku

繋ぎ目にギザギザのヘラでキズを付けてドベ(土が柔らかくなった物)を接着剤にして貼り付け、段差を手とヘラを使って慣らしていきます。

 

その後型から外します。katakarahazusu

墨(墨汁)で下絵を描いていきました。図柄は考えていたのですが、丸い側面に描くと少しイメージが変わってしまいました。

今回作りたいのはキャンドルホルダーなので、中から炎の灯りが漏れる様に穴を開けることに!anaake

この穴を開ける作業が案外大変でした。自分でデザインしたのですが、初心者にはちょっと難しかったかもと早くも後悔…。と思いましたが、沢山穴を開けているうちに作業にも慣れ、早く開けられる様になってきました。

 

次は花の部分をカット!これは慎重に頑張りました。

 

最後に淵の部分をスポンジ(ファンデーション用のスポンジ)で慣らして完成!!

siagari

これって、焼き上がりはどうなるんだろう?イメージ通りできるのだろうか?と、とても不安ではありますが、一応完成です。

 

素焼きした段階で割れてしまわない事を願って、次回釉薬をかけるのが今から楽しみです。次回までに「何色に仕上げようかなぁ~。」と考え悩むのも楽しみの一つになりそうです♪(*^0^*)

まずは一日体験からお気軽にお申し込みくださいね♪

体験概要

■料金:3,800円(初回のみ)+※作品焼成費
■制作時間:
月、火、木曜日
①10:30~12:00
②14:00~15:30
③16:30~18:00
金、土、日曜日
①10:30~12:00
②14:00~15:30
③16:30~18:00
④18:00~19:30

■定休日:水曜日(祝祭日の場合は水曜も営業)
■制作個数:時間内いくつでも制作可能
■作品サイズ:自由
■持ち物:無し(エプロンは無料貸出しております。)

※作品焼成費とは作品を窯で焼くときに発生する電気代のことです。
体積(縦cm×横cm×高さcm)×1.5円 となります。
(お皿の高さは4cm未満のものは4cm~計算させていただきます。)

[例えば]
作品サイズ 縦7cm×横7cm×高さ10cm のコップの場合・・・690円
作品サイズ 縦12cm×横12cm×高さ7cmのご飯茶碗の場合・・・1,410円

お申込みはこちらから>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください